ISO/IEC 17025 認定試験所 No.RTL03440

>
>
土壌汚染

土壌汚染とは

土壌汚染

 土壌汚染は、有害な物質(重金属、有機化合物)を含んだ排水などが工場や事業所から漏出したり、有害な物質を含む廃棄物が土中に埋められていた場合、過去の有害物質の取り扱いに過失があった場合などで起こります。

 これらが土壌自体を汚染することに加えて、有害な物質が土壌へ溶出すると、雨などにさらされることで地下へ浸透し、地下水までもが汚染されてしまいます。

 有害な物質は特定有害物質として土壌汚染対策法施行令で25物質が定められています。

 
土壌汚染の影響
 土壌汚染により、人の健康への被害や環境への影響が考えられます。健康への被害については、汚染土壌に接触したり、口にしたりすることによって生じる直接的なリスク、汚染土壌で汚染された地下水を飲用したり、汚染土壌で生育した作物を摂取することによって生じる間接的なリスクがあります。
 
土壌汚染の事例
 ・大阪アメニティパークの土壌汚染
 ・築地市場の豊洲工場跡地への移転

 

土壌汚染対策法