ISO/IEC 17025 認定試験所 No.RTL03440

>
土壌調査

土壌調査

土壌汚染対策法では、有害物質使用特定施設を廃止する場合、3000平方メートル以上の形質変更時(土地の形状を変更する行為全般をいい、変更する深さが50cm以上の場合)に汚染があると判断された場合、都道府県知事が命令する場合の3つのケースで、土壌汚染調査が義務付けられています。
法律で土壌汚染調査が義務付けられる一方で、土壌汚染の有無を知りたい場合や、土地の売買に際し、不動産価値を把握したい場合など自主的に土壌汚染調査をするケースも増加しています。土地売買後に汚染が発覚し、訴訟問題などに発展しないよう、事前に土壌汚染調査を実施することで安全、安心、かつ円滑に土地取引ができます。
ジーエス環境科学研究所は土壌汚染対策法の指定調査機関であり、地歴調査から調査計画作成、土壌採取、精度の高い分析結果までの全般的な調査結果をご提供致します。

 

測定業務フロー

1)お問合せ
技術相談、お見積もりなど何なりとお問い合わせ下さい。
※土壌の分類により法令、基準値、測定項目、分析方法等が変わりますので、まずはお気軽にお話をお聞かせ下さい。
【お問い合せ例】
・工場を移転するために水質に関わる特定施設の廃止届を出したら、土壌調査が必要だと言われた。
・工場新設に伴い3000㎡以上の土地で工事を行う予定だったが、土壌調査の必要があると官公庁に
 言われた。
・昔工場だった跡地を宅地として売ろうと思っている。
・ガソリンスタンド跡地を売る予定である。
・土地を売ろうと思っているが、買主に土壌汚染がないことを担保してもらいたいと言われた。
・土地を買おうと思っているが、地歴を知りたい。
・工事に伴い発生する土砂を別の場所で使用したいが、官公庁に届出が必要と言われた。
・工事に伴い発生する土砂を処分したいが、処分先から分析結果が必要と言われた。
・地盤改良材の六価クロムの濃度が知りたい。

 

2)ご依頼

測定場所、日程などについて打ち合わせ、必要に応じて現場の下見を行います。

 

3)採取、分析
法律、条例、JISなど、公定法に基づき分析します。

 

 

土壌汚染対策法では、有害物質使用特定施設を廃止する場合、3000平方メートル以上の形質変更時(土地の形状を変更する行為全般をいい、変更する深さが50cm以上の場合)に汚染があると判断された場合、都道府県知事が命令する場合の3つのケースで、土壌汚染調査が義務付けられています。
法律で土壌汚染調査が義務付けられる一方で、土壌汚染の有無を知りたい場合や、土地の売買に際し、不動産価値を把握したい場合など自主的に土壌汚染調査をするケースも増加しています。土地売買後に汚染が発覚し、訴訟問題などに発展しないよう、事前に土壌汚染調査を実施することで安全、安心、かつ円滑に土地取引ができます。
ジーエス環境科学研究所は土壌汚染対策法の指定調査機関であり、地歴調査から調査計画作成、土壌採取、精度の高い分析結果までの全般的な調査結果をご提供致します。
 
関係法令